キス釣り 彼杵港 2017年8月24日(中潮)


スポンサードリンク

今回は夕方の5時から日没までの約2時間のキス釣りの釣行となりました。

実は午前中チヌ狙いに佐世保まで行っていたのですが…
エサ取りは無数のサンバソウ、
チヌらしきアタリは一回のみで痛恨のバラシで昼過ぎには帰宅していました(p_-)

すると友人から
「キスどこで釣れると?」

という連絡があり、
私も2回程キス釣りに行った事がある東彼杵町にある彼杵港へ夕方からキス釣りをすることに^ ^。

近くの服部釣具で仕掛けと餌はマルキューから出ている
ゴカイに似せたワームを購入(ゴカイに噛まれるのが嫌で(T_T))。
友人は青虫。

彼杵港は大きく分けて
南側にある旧波止と、北側にある新波止とあります。

初めは新波止へ行き、
川の流れこみの所で以前釣った事がありましたので広範囲探りましたが2人とも当たりなし(@_@。

 

夕方5時からの釣行で時間が迫ってましたので、
南側の旧波止の内側で釣り始めます。

ここの右側です。
その日は左側からの強風で、外向きは釣りづらく内向きで釣る事に。

スポンサードリンク

するとぐぐぐgggg^_^

小っちゃいけど、嬉しい!
これでやっぱキスいるぞ!!とモチベーションが上がります笑

友人の青虫の方が私のワームより3倍ほど釣果を上げ
日没までになんとか最大で23cmを頭に10匹釣りました。

たまにいつもと違う釣りをすると良いですね^_^

素敵な夕焼けを後に、帰宅後キスについて調べてみました。

習性:主に砂地に住んでいて、海底にいるムシ類を食べる。行動するのは朝から午前中が中心だが、満潮前後なら他の時間帯でも沿岸部で釣れる。真夏は夜間も行動する。

時期:八十八夜を過ぎてからと言われており、水温が下がると沖の深みに行動する。5~11月が良いのだが、8月の盛夏は一時的に姿をけし土用隠れと呼ばれる。

釣り方:投げ釣り。できるだけ遠投して、手前に少しずつ引く。簡単、だが奥が深い。小さい割に当たりが大きく「小さな物」と呼ばれる。

:アオムシ、ゴカイなどのムシ類。

 

釣り方のポイント
・キスは臆病なので、仕掛けの着水音でその場から逃げ出してしまうのでポイントをずらして狙おう。
・キスの当たりがあっても他の釣りの様に強くあわせず、そのままリールを巻くだけでよし。

:小骨があるが、白身は淡白であっさりしている。天ぷらが一般的だが、大きければ刺身もよし。

ではでは!

スポンサーリンク

Follow me!