釣り好きな方も気になる!パタゴニア制作のドキュメンタリー映画「FISHPEOPLE(フィッシュピープ)」


スポンサードリンク

どうもぐいのりです~。

海をテーマにした気になる映画が公開予定なので、紹介したいと思います!

環境問題にも力を入れて取り組む、アウトドアブランドのパタゴニアが制作のドキュメンタリー映画

「 FISHPEOPLE 」です。

ちなみにパタゴニアからはフライフィッシング向けのウェアなども発売されています。

 

テーマが、そしてタイトルにFISHと入っていたら、釣り人なら見たくなりますよね?

では紹介していきます!

 

とりあえず動画をご覧ください!!

 

 

 

FISHPEOPLEの登場人物

Dave Rastovich(デイヴ ラストヴィッチ) サーファー

ニュージーランド生まれのオーストラリア(バイロンベイ)の、サーファー界で知らない人はいないくらい有名なサーファー。

めちゃくちゃイケメンです笑

様々な大会で優勝やファイナリストに残ったりと、キャリアは相当のもの。

だが彼はテクニックを競うため・ルールに縛られるサーフィンではなく、自由に楽しむフリーサーファーとして歩んでいきます。

世界中を駆け回り、環境保護活動にも力を入れているそうです。

 

Kimi Werner(キミ ワーナー) スピアフィッシャー

スポンサードリンク

ハワイはマウイ島に生まれ、フリーダイバーの父を持つ。

ちなみにスピアフィッシングとは、素潜りをし銛・水中銃で魚などを捕える水中スポーツだ。

キミワーナーはシンプルな生活を求め、2008年にはUS National spearfishing Championship で優勝。

2012年にはInternational Pacific CUP で一位。

シェフであり、アーティストでもあるそうな(ー_ー)!!

 

Ray Collins(レイ コリンズ) フォトグラファー

こちらもオーストラリアから。

フォトグラファーとしての経歴は長くはないが炭鉱作業で怪我したのちに

色盲(色の見分けができない)のレイ コリンズは、サーファー仲間を写真におさめていく内に海の姿に魅せられていきます。

彼がうつしだす写真は、とてもかっこいいです!

 

 

Matahi Drollet(マタヒ ドロレット) サーファー・フィッシャー

 

 

彼もまたイケメンですね~。

フィッシャーとは、漁夫の意。

16歳でサーフィンがテーマのハリウッド映画にも出演、2015年にはビッグウェイブアワードではTUBE AWARDに輝いています。

 

 

など魅力的な方たちが出る様です。

釣りメーカーのウェアも好きですが、サーファーの人たちのお洒落さはすごい憧れます(^^♪

2017年7月頃にITunesやAmazon等で発売予定。

パタゴニア直営店では、公開に先駆けて5月16日より上映ツアーが始まります。

映像もかっこいいので、楽しみですね~

ではでは~

スポンサーリンク

Follow me!